診療報酬明細書等の開示に係る取扱要領の概要
愛知県医師国民健康保険組合
1. 平成17年4月1日より「個人情報の保護に関する法律」が施行されたことによる診療報酬明細書等(レセプト)の開示に係る取扱要領である。
2. 開示の対象は、当組合が保管(原則過去5年間)する診療報酬明細書、調剤報酬明細書及び訪問看護療養費明細書(後期高齢者医療に係るものを除く。)である。
3. 開示請求ができる者
(1)被保険者本人
(2)被保険者が未成年、成年被後見人の場合は法定代理人
(3)被保険者が委任をした代理人(任意代理人)
4. 開示依頼ができる者(被保険者が死亡している場合)
(1)遺族(父母、配偶者、子等)
(2)遺族が未成年、成年被後見人の場合は法定代理人
(3)遺族が委任をした代理人(任意代理人)
5. 手続きの流れ
開示請求(依頼)者の確認⇒開示請求(依頼)⇒保険医療機関への照会⇒保険医療機関から回答(開示・部分開示・不開示)⇒開示・部分開示・不開示の決定⇒通知
6. 平成11年2月5日理事会決定の「診療報酬明細書等の開示に関する取扱要領」は廃止する
レセプトの開示をされる方は、「開示請求書」等が必要となりますので愛知県医師国民健康保険組合事務局(Tel 052−263−1688)まで連絡をお願いいたします。
検索サイトから訪問いただいたとき等、フレームが表示されない場合は下記のリンクで、表示してください
ホームへ戻る


〒460-0008 名古屋市中区栄四丁目14番28号 愛知県医師会館内
電話 : 052-263-1688 (直通) 052-241-4145 (ダイヤルイン) / FAX : 052-263-1748